soundwing-あの素晴らしい駄文以下のなにか

関西(大阪)のライブレポートを中心に更新。昔はフリーゲームや同人音楽のレビューをしてました。

2018/07/14 ベランダ、LOSTAGE、EASYCOME、And Summer Club @ 十三ファンダンゴ

f:id:soundwing:20190514235640j:plain



ベランダのレコ発!
イイメンツを揃えたドラマチックな一夜でした。

And Summer Club

久々に"良い!"と思えるアンサマのライブ見れたぞー。勢いあってよかった〜。
いつも以上にふたりの声が枯れてたけど;
でも歌より勢い&演奏のエモさが最高に響いてました。


ファンダンゴ似合うなぁ。ちょい海外な空気があるハコの感じが陽気なサウンドにぴったりハマってました。


Tokiyoさんがラストにギターをネックから地面に突き立ててるポーズがtoeみたいでカッコよかった~。


lostage

出演者の年長者として先輩のカッコよさでベランダを祝福していました。
一切手を抜かずも若手達を”こいよ”と手招きする感じ。


METZともベランダとも違和感ナシで対バンできるバンドなんて普通おらへんやん!
ちょっと良すぎて泣いちゃった。
冗談らしく"おっさんやねん。良い歌を歌うおっさんやねん"って言ってたけどホントにそうでした。反則だー。




いまだにLostageのライブになんでここまで心を動かされるのかが説明できません。
特に拓人さんのギターがなんでアレほどカッコいいのか。
変わったことはやってないと思うんやけどアホほどカッコいいんよなぁ。
理論でなく魂!


METZと対バンしたときとは真反対に歌中心のセトリ……の中にアンサンブルの面白さも取り入れてる。上手く合わせてくるなぁ。
最後無いはタブとエモが混ざり合うlostageの"さりげない"幅広さが際立つ曲でカッコよかったです。


拓人さんのリズムも旋律も同時に鳴らすギター。
パワフルに叩きつけるドラム。
そこに乗る五味さんの歌のエモいことよー。




今日のlostage見てて”この人達は生まれた時代/場所が違えばOASISになってたかもしれないなぁ”とまで思いました。それほどにカッコよかったです。



easycome

最近、名前はよく見かけてたけど音に触れるのは初。
爽やかなギターポップ。ロック色は薄め。
うーん、そんなにガツンとはこなかったかなぁ。


ベランダ

ベランダのレコ発ファイナル。
そのシチュエーションもあってエモかった!やっぱ良い曲ばかりだ〜。
「早い話」のイントロでうほー!ってなるのはもはやアンセム感ある。


バンドの雰囲気がええなぁ。良い人オーラが出まくってる。だからこそのサウンド
そしてこういう人達ほど闇/毒が深くて一筋縄じゃいかないトコある。
グッドメロディをバンド全員のアンサンブルで高めていく。素敵なバンドだ〜。



ロックな部分よりグッドミュージックな部分が全面に出てたかもなぁ。
グッドミュージックがグッドすぎてロック的カタルシスが起こるみたいな場面も。
ステージ上の四人が盛り上がって笑顔が溢れるときも、"曲展開がそうだから"じゃなくて”良い演奏が止まらなくなったから楽しさ溢れ出ちゃってた”って趣がありました。




ギターは暴れまわってる印象あったけど、しっかり見てると意外と要所でのみ爆発してる。
まったく弾いてない場面も多いのに驚いたり。必要なときにズキャーンと入ってくる。
ナードマグネットのギターと近いと思ってたけどけっこう違いあるかも。


ボーカルさんの雰囲気が好きです。目やオーラがバンドの優しい空気にベストマッチしてる。
ベースの鈴子さんがエフェクター1つでステージの真ん中で頑張ってるのはカッコいいなぁ。
いつもより緊張してたのか動きは抑えめだったような。
だからこそハッピーが爆発したときのエモさが!
感動的なMC→自身がメインボーカルを務める「(ever)lightgreen」って展開も震えた。




今日のベランダは歌が核にある感じでeasycome・タイプでした。
ものすごく大切に曲を演奏/歌ってた。
不用意に”ホラ、楽しい~”ってだけのライブにしてなかった。


歌がど真ん中にあって、ガン!とくるインパクトが各所に配置されることで面白みが増す。






あとDAWAさんがDJしてるイベントは転換中も楽しいわー。
lostageのあとにBad Religionの「American Jesus」をかけるDAWAさん素敵。


ベランダのレコ発で、アンサマとlostageの転換中にスマパンをかけるDAWAさん素敵……


そしてライブ後に「サマージャム'95」をかけるDAWAさん。
ド夏な今日にそれは反則っす!

2018/07/12 Three Mantras、Victoria shen、Kevin、金属太古+sandersonia @ 難波ベアーズ

f:id:soundwing:20180712205830j:plain


ベアーズでノイズ系寄りのイベント〜。面白い出演者いっぱいで楽しかった!
Three Mantrasは2年前に見たときよりめっちゃ良くなってたぞ〜!


kevin

初見の3ピースバンド。
ドラム、ギター、ボーカルのベースレス編成。
ミッシェルガンエレファントとホストの間のような風貌が独特でした。


音も独特。トリップホップとサイケ・ハードコアを合わせたよう。ANYO meets Vivakappa的な。けっこう好きでした〜。


基本は反復とノイズギターの組み合わせ。
常に全力で叩きまくるドラム。休符ゼロで音が詰まりまくってる叩きっぷりでした。ありゃスゴい!


ギターはズギューンってなノイズギターをかましたり、ベースの代わりに低音でトリップホップ/インダストリアルなベースラインを弾くこともあって、これがかなりカッコよかった!


ボーカルは高音スクリームから早口アジテーション、そして凶悪スクリームと器用。見た目がホストっぽいのでその多才さに違和感が;


基本は勢いのあるサイケ/ノイズ・ロックでちょこちょこ見かけるパターン……なんだけど、突然コクトーツインみたいな歌が始まったり、独特な見た目だったり……カオスを感じました。
ギターの音とかちょいワンパターンだけど、この迫力とごちゃまぜ感。かなり好きです!


金属太古+sandersonia。

メタルパーカッションとバイオリン(&たまにスネア)のデュオセッション。


インダストリアル・ドローンでありました。
不穏な空気と工場環境音のような音。つい最近にプレイしたLIMBOとINSIDEを連想しました。アレってすごくいいインダストリアルサウンドだったんだなあ。


メタルパーカッションはカン!カン!と叩くのではなくマレットでサスペンデッド・シンバルのように叩いてることが多かったです。
バイオリンはメロディでなくドローンサウンド


良い音だったけど、展開の割に演奏時間が長かったかなぁって印象も。


Victoria shen

アメリカから来日したノイズ/電子音楽のアジア女性。強烈なライブでした!


動作/ポーズのひとつひとつがエロティック。
露骨でないのにエロスを感じる。こうなると幾本も伸びるシールドまでがエロいものに見えてきます;
身体で魅せるライブ。エロティックとノイズの融合でありました。


モジュラーシンセのギュギュギュ!って音がメイン。
シールドがスネア、フロアタム、バスドラにも繋がってたので音にも作用したはず。叩くのではなく、傾けたり移動させたりしてました。


音は超個性的でもない。でも良い音であることは間違いない。
音単体より身体性との融合こそキモ!


最初はステージで普通にライブをしてたけど、しだいにスネアをフロアに担ぎ込んだり、バスドラをスピーカーに押し付けたりとちょっとずつ無茶苦茶になってく。
でもコレもまだ序章にすぎなかったのです……。




突如”脱いでー!”って声がフロアから聞こえる。”面倒な客がでてきたか?”と思ったらPIKAさんでした。
ってことでスペシャルゲストにPIKAさんが参加。
ここからが大変!


ターゲットになった男性客がPIKAさんに上半身脱がされて、Victoria Shenにシールドをボトムスにつっこまれて;
PIKAさんとVictoria Chenにバックブリーカーされたりスピーカーに押し付けられたりとわけわからんことに。
最終的にはVictoria Shenとくんずほぐれつ……ってかローリングバックドロップ状態でフロアを転がりまわるカオス。タイツも破れて破天荒エロス。


男性客を弄り倒したあとも暴走は止まらず。
スネアのスナッピーを咥え、スピーカーによじ登って頭を振り回す(妖怪みたい;
PIKAさんと向かい合ってスナッピーを咥えあってドラムを叩く
とメチャクチャな行動の連発。思考が追いつかない;


前半はエロティックとノイズの融合を。
後半はPIKAさんとの大暴走を。
パフォーマンスが衝撃的すぎて正直なとこ音はほとんど覚えてないです;
PIKAさんとShenの出会いは河端さんのブログに詳細が。これはとんでもない二人を巡り合わせてしまったのでは……;



f:id:soundwing:20180712211600j:plain

Three Mantras

Three Mantras = 河端一 + 山崎マゾ + 吉田ヤスシ。
冷徹なビートにノイズな音がリズミカル&ドゥーミーに乗る。
ジワジワと気持ちよくなって最終的に黒い音の快楽に溺れ死にそうなる最高のインダストリアルでありました!


吉田ヤスシさんはヴォイスとメタルパーカッション(ビールタンク)、そしてシンバル。シンバルは前回(2016年)に見たときはなかったような?
ビールタンクはドラムスティック以外にトンカチで叩いておりました。少しづつ変形していくのが怖い&ゾクゾクする!


マゾさんはシンセ。そしてヴォイス。たしか前回はシンセオンリーだったはず。
ヤスシさんとマゾさんのヴォイスの絡み合いは最高でした!この追加要素でこのユニットの面白みが爆発的に上がったと思います。
シンセもエグい音出してた。たまにControlled Deathを思わせる神聖な音も。


河端さんはギター。(シンセもちょこっと?)
一般的なギターの音は鳴っておらず、シャー!とシンセのような音で味付けしていました。
また一定の感覚でシャン!と音を出してリズムに溶け込むことも。


最初はリズムレス・ドローン。
そこにベースのビートが追加され、各者の音/声がビートに絡みついて中毒性抜群のリズムを生み出す。
1mmレベルの微調整により熟成された工芸品的なビートでありました。これが気持ちいいのなんの!


ビートが、ノイジーな音が、暴れ回る声が……どんどん暗黒的に気持ちよくなっていきました。
一回リズムが無くなって終わる……かと思いきやマゾさんが極悪かつちょいファンキーなループをシンセベースで奏でる。再度盛り上がっていきました。


2つめのビートも消えて……最後にズギャー!っと音を出してマゾさんが去っていく。
河端さんもラストにドギャー!と音を出して退出。
ひとり残る吉田ヤスシさん。
どう終わらせるか?と見守ってると……タバコに火をつけて一度だけ吸って去っていく……カッケーーーーーーーー!!!!


最後のヤスシさんカッコ良すぎやん!
恐ろしい爆音のなかで余裕の表情で一服とかあんなもんヤバいやん!!
惚れるやん!!


f:id:soundwing:20180712213535j:plain


この日のベアーズは照明がよかったなぁ。
特にThree Mantrasのときの照明は神がかってました。
ベアーズの照明は人力感があって好き。

2018/07/10 clammbon @ BIGCAT

f:id:soundwing:20180710184423j:plain


クラムボンのワンマン。よかった〜。
「KANADE DANCE」でトランシーにスタートして、モメントEPシリーズの曲を中心としたセトリを展開。今回の3は相当にバラエティ豊かだな。


オーガニックグルーヴなクラムボンってイメージから脱するデジタル/ドラマチックなスタイルでした。Diploな曲をクラムボンがやるとは!しかもめっさ良い!tofubeatsやseihoのノリに近いかも。


"バンド"な枠から外れる曲調も多い。
ドラムがひたすらサンプラー叩いたりとか。
かと思えば過去最高級に生ドラムか暴走する曲もあって……色んな音を吸収しながら確実にクラムボンな音!




本編が終わったあともステージ袖で郁子さんがすぐに"今日の演奏良くね?"って言ったらしい。
それをミトさんに言われて恥ずかしがる郁子さんがめっさ可愛かった。
ホントこの人いつになってもかわいいなぁ。


郁子さんが"良くね?"って言うぐらいにグッドな演奏でありました。
ノリの良い部分よりドラマティック/エモーショナルな部分が素敵でした。
幻想的な照明をバックに昇天してく演奏にはガツンときた。
ちょい泣きそうになりました。



フェスセトリ的な派手さは抑えめでワンマンならではのライブ。確実に良い音楽でありました。丁寧にクラムボンの曲を聴けたって感覚~。


2018/07/09 <題名しかない音楽会>黛トーシロ(中林キララ)/ワサビッチ・カラシニコフ(中林キララ)/メタミュラー・グヌピコ先生(中林キララ) @ 難波ベアーズ

f:id:soundwing:20180709195026j:plain


中林キララが3キャラに扮する実質ワンマン。アホ面白かった〜。
爆笑するでなく、ずっとニヤけてるでもなく。たまにフフってなる。


水道メガネとも違うキララ・ワールドでありました。
動き、トラック、演奏……すべてにおいて“地味〜〜〜に”クオリティ高いのがいいなぁ。


黛トーシロ(中林キララ)

途中から見れました。


ベアーズに入ったらスーツ姿(だったかな?)のキララさんが正座してエフェクターを弄っておりました。 
フロアの四方に置かれたスピーカーからサラウンドが音が聴こえて……変にクオリティ高い;


普通に音のクオリティが高くて他の人がやったら素晴らしいエクスペリメンタル・アンビエントになりそう。
それが"キララさんが正座してやってる"の1要素が加わるだけで超シュールに。


ワサビッチ・カラシニコフ(中林キララ)

録音された音声とライブで会話。現代音楽のリハの寸劇。音源は前見たときと同じだったかな?


爆笑ネタも盛り込めそうな設定だけど、客席はじんわりした苦笑が充満しておりました。そこがガチお笑いのコントと違うところ。
この演目、大好きです。


メタミュラー・グヌピコ先生(中林キララ)。

懐メロを歌いなから踊り狂う歌手。


動きの切れ味や美しさはハッとなる。まるで舞台を見ているかのよう。それが何周かして面白い。「酋長の娘」はもはやアンセム感あるなぁ。


たまに本人が吹き出しちゃうのが面白いです。
人間味のない奇人ではない。だから面白い。


一曲、めっっっさカッコいいダブ処理ビートをかけてたのに爆笑。
その昔、ダブの現場でキララさんが踊り狂ってるのを見かけたことがあります。
好きなんやなぁ。



キャラごとにしっかりお色直ししてくるのも最高でした。
ヘアースタイルとが毎回全然違う。
アクト間の待ち時間はおそらくキララさんの化粧直し時間。ステージのセットほぼ変わらんし;
そういうの込みでジワジワと面白い。


グヌピコ先生の終盤で"この苦痛もあと一曲で終わりです"と言ってたのがツボ。
いや、真髄を述べてるな、と。


本人もずーっと面白い時間として提供してない。ダルみもある。それ込みで面白い。
またキャラ思いついたら続編やるとのことなので超超超期待!

2018/07/08 スーパーノア、中村佳穂、LOVE LOVE LOVE @ 京都GROWLY

f:id:soundwing:20180708174535j:plain



スーパーノアはちょい前から気になってて、先日にベランダが激褒めしてたから間違いないやろー、と京都まで行ってきました!大正解!

LOVE LOVE LOVE

3ピースの歌モノ・ロックバンド。なかなかよかったー。
泥臭い関西系統かと勝手に思ってたけどポストロックなきらびやかさある素敵ロックでした。


全パートがしっかり仕事してるバンド。
特にギターはキラキラしたポストロック/パワーポップ的なアルペジオから、シュゴーなシューゲイザー系、ギュワンギュワンなロック系まで色々と。
そして歌メロがピュアによかった~。

中村佳穂

完全に天才!
The weekend(R&B)も
cero(ブラックミュージック)も
Nils Frahm(ポストクラシカル)も
奇妙礼太郎(即興歌唱)も
蓮沼執太(ステージコンダクト)も
七尾旅人(音の魔法)も
全部飲み込んで放出しちゃうなんて普通できへんやん!
天才やん!




中村佳穂のキーボードと歌に、ドラム+シンセサイザー+コーラスが加わる4人編成。
しょっぱなからエフェクターの調子が悪くて使えない……ってのを歌詞にして即興で曲を作っちゃう。その自由さ、生きてるライブには感動させられます。


ピアノ弾き語りがメインの人……だけど歌モノの範疇に収まることはなく、テクノなダンス・チューンを披露したり、The Weekendあたりの最新R&Bに接近したり(男性コーラスとの掛け合いが素晴らしかった!)、キーボード(ピアノ)はポスト・クラシカルな風合いがあったり……すごすぎる。


ライブ自体が生きているような即興性の高いライブなのに、一発でズキューンとくるメロディの良さが魅力。難しい感覚がまったくない。すんなりハートにくる。


あとでスーパーノアの人が言ってたけど”どこまで即興なんだろう?”と疑問になってきます。
完成度高すぎてわからない;


ソロ弾き語りと良い意味でライブの感触は変わらない。自由に進んでいく。メンバーもしっかりついていく。
ただテクノな曲とか重厚な音作りはバンド形態ならでは。最強っぷりが半端なかった。天才バンドばりに天才感ありましたー。


スーパーノア

京都のバンド。
ギターロックを基準にポストロックやシューゲイザーのキラキラした感触も取り入れてるバンドです。


MCのモサッとした感じが面白かった(笑)
ベースのマイペースな話し方はツボるなぁ。色々しゃべっても結局そんな内容が無い(笑)




今回はニューミニアルバムのレコ発ってことで新譜から中心。
まぜこぜポップな側面が前に出てた気がします。ブラックミュージックを感じたり、オルタナを感じたり……。


メロディ楽器がピシッと決めるパートとかもあるんだけど感触はあくまでもポップ。
テクを見せつける感はほぼ無し。歌を中心したロックソングに自然と演奏の”技”が取り入れられてる。
ギターの人は繊細かつパワーのある面白い音をしてたなぁ。


もっとポストロック的に、もしくはNetworksあたりの人力トランス的にガンガンとアゲていく感じを想像してたのでスタンダードなギターロック色が強かったのはちょいびっくり。
でもその中に技をいっぱい詰め込んで、それを再現する演奏力があって、そして美メロ。めっさ良かったです!


ドリームシアター」はザ・名曲のオーラがありました。エモいなー。
”狂ってしまったまま 夢を見ている~♪”
派手にやりすぎず、フツフツと身体の中の激情が漏れてしまっている感じ。京都のバンドらしい気がします。


2018/07/04 P.I.L.(PUBLIC IMAGE LTD.) @ IMP HALL

f:id:soundwing:20180704205227j:plain



IMP HALLでのライブ。
うーん、会場は飲食禁止か。P.I.L.こそ飲みながら見たかったなぁ。


ひたすら反復するベースライン。
ハイハット刻みが独特なダブ・ドラム。
かすれながら攻撃的な味のあるギター。
そしてジョンライドンの声と存在感のスゴさ!
めっさドープで脳が音でグワングワン。
だからこそドリンクありの会場で見たかったー!!



ジョン・ライドンはパンクというより紳士なおじさまな空気がありました。
たまにサンドイッチマン・伊達がカワイコぶるときみたいな顔するのが面白い(笑)
演説のようなボーカルはカリスマ性スゴいし、ときおり放つシャウトはまだまだ大迫力!
本編は髪型ピシッとキメてたのにアンコールで戻ってきたときは巻き上がってモヒカンみたいなになってた。
パンクなおじさまや!カッコいい!



ギターが元ダムドなのもあって全体的にダムドに音が似てました。
80s映画の粗い画質的なのが、一周まわって上品かつ趣きある。でも上映されてるのはギャングモノ。ってな攻撃性が滲み出てる。
大人のパンクであり、大人になっても若い時のパンクが一切抜けてない。
ギターのストロークは小さい振り。でも音は切れ味はハンパない!
チャカチャカなカッティング。
キュイーンなリードフレーズ。
ノイジーな音。
ハードロックな音。
SE的な音。
……器用に弾いてました。
細身の髭モジャなルックスも匠っぽくて渋かったなぁ。


ドラムはトラックと合わせてハイハットだけ入れたり……とダブいドラム。
アンコールで着てた"T-SHIRT"って書かれたランニングが超イカしてました(笑)


ベースはぶっとい、安定感がすごい。
一曲でエレキ・ダブルベースも使ってたけど、天井が揺れるレベルでのド低音でエグかった〜。


サイケに踊らせてくるザラついた音質はStone Rosesに近いなぁとも感じました。音源を聴くかぎりではP.I.L.Stone Rosesが一回も結びついたことはなかったからびっくりした。やっぱ”イギリス”の音があるのだろうか?
Stone Rosesの音を40年も前からやってたのも驚き。ジョン・ライドンすげー。


「Death Disco」の毒毒しいベースラインはめっさカッコよかった。
”ジャン!ケン!ポン!”って空耳が聴こえたと思ったけど音源の歌詞にはないな。即興のシャウトだったか?


「Flowers of Romance」のトライバル感もたまらんかった。音源より4倍はトライバル。


シンガロング曲としては「This is not a Love Song」の威力すごかったです。アンセム的な盛り上がり方。


自分がPiLにハマるきっかけになった「Rise」には感動。PiLで泣けるんよなぁ。
サマソニでなんとなくチラ見したPiLが「Rise」やってて”こんな感動的なコード進行の曲あるのか!?”と驚いた思い出。”Anger is a energy”を絶叫するジョン・ライドン
そしてそれに応えて拳を突き上げる40~50代中心の客。
グッとくるシーンでした。




音源はくっきりフレーズが鳴ってて”ポストパンク”って印象がある。
ライブだと、ベースはガツン!と入ってくるけど、ギターはノイジーでザラついた音。ゆえにインダストリアルな感触がありました。




Creativemanには大阪にも来日アーティストをしっかり呼んでくれるのは本当に本当に感謝してます。
ただLimp、Kornが柵ばかりのZepp Baysideでモッシュほぼできない。
PiLが飲酒不可なIMP HALL……と使うハコをなんとかできないのか、と~。
大人の事情で色々と大変なんだろうけどなにとぞ~。


2018/07/01 CIRCUS 6th Anniversary party(Fred V & Grafix、Seiho、tofubeats) @ 名村造船所跡地

f:id:soundwing:20180701204103j:plain


服部緑地から名村造船所跡地に移動してCIRCUS6周年イベント~。


入り口近くのステージBlack Chamberにテクノ系メイン。適度な人口密度&音楽に集中してる人が多くて踊りやすかった~。


メインステージのPartitaにヒップホップ系のライブ。ずっと入場規制列ができておりましたー。

FRED V & GRAFIX

ドラムン、リキッドファンクの来日ユニット。
ライブMC無し。


聴かせる系ドラムンのイメージがあったけど、がっつりブレイクビーツが効いててめっさカッコよかった!
ラスト10分くらいしか見れなかったけど……くー、これはフルで見たかったぞ~。


歌を聴かせる部分もあるけどそのあとにしっかりブレイクビーツでハードに踊らせてくれる。
サビメインのEDMノリとは違いしっかりドラムンなDJライブでした。レーザー照明とのマッチもばっちり。
終盤にケミブラネタ(Star Guitarだったっけ?)も飛び出してヤバかった!



Seiho

久しぶりに見るSeihoさん。フジ'15ぶりじゃなかろうか?


スタートするやいなや「I Feel Rave」をトラックにつかったPUNPEEとのコラボ曲をドロップ!こんなの盛り上がるに決まってるじゃないかー。
その直後にリズムレスのトラック流しながら生け花をはじめておりました;
ぶっとんでんなー。


変わったビートの嵐。
オーソドックスなリズムがほぼゼロだった気がする。
でも自然と身体が動く。
トラップとも違う。ブレイクコアとも違う。独特のSeihoさんとしか言いようのないリズムですなー。
やっぱええわー。
もっと長いこと見たかった!また大阪にぜひ!


tofubeats

Partitaがヒップホップメインだったからかヒップホップ/トラップ寄りの選曲。ちょいポップスも取り入れ。テクノ要素はほぼ無し。


「水星」や「What you got」「Don't Stop The Music」とか。
「What~」のアウトロからクラップで「Don't~」を匂わせるのたまらない!


基本、入場規制がかかっておりました。入り口付近になんとか入れたけど前のほうにはいけず……。
でも終盤に潜り込んだであろうtofubeats好き(自分も含む)がしっかり踊ってて後ろのほうでも盛り上がっておりました。



名村のイベントは独特の楽しさがあります。
今回も良かった……けど、そろそろテクノ/ハウス系の大モノを読んでイベントやってほしいぞー。
(あれ?つい最近やったけど自分が逃しただけだっけ?