2015/04/02 踊ってばかりの国 @ 梅田クアトロ

4thアルバム『SONGS』のレコ発ワンマン。
ダブ処理利きまくりのBGMが流れてて気持ちいい。


客入りは正直キビシイ感じではありましたがライブは最高中の最高でした!下津さんがカッコよすぎた〜。
あの声、不敵な笑み、スタイルの良さ……反則やなぁ、と。あと最近の下津さんのひたすら楽しそうにライブするトコが好きです。


当然のことながら『SONGS』の曲中心。そしてまさかの「東京」無し。「風と共に去りぬ」と「踊ってはいけない国」も無かったんだっけな?けど物足りなさは感じなかった!新譜からの曲がとにかく最高すぎました。
一曲目がアルバムラストの「ほんとごめんね」で”あら、それから始まるか?”って意外性があって面白かった!
「口づけを交わそう」のスカのリズムが気持ちよかった〜。「赤い目」のクールな歌い方も新しい。
そして「唄の命」はイントロからAメロ、Bメロ、サビ…全てが完璧!鬼みたいな名曲です。


過去作からは「切りがない」や「死ぬな」などアイリッシュ系、ツービートとかアップテンポの曲もいくつかあってパンキッシュな踊ってばかりの国も見れました。新譜からも「OK」ではミドルテンポのビートに合わせて下津さんがハンドマイクでロックに叫んでたなぁ。


なんとなくセルフタイトル・アルバムから距離を取ったライブだった気がします。メッセージより音楽を楽しむに焦点を当てたみたいな


客はほとんどが大人しい人ら。前中央に異常なほど盛り上がってる人ら。
一度全員アホみたいに盛り上がってる状態で踊ってばかりの国のライブを見てみたいです。クレイジーになれそう。*1


*1:4月末にComing Kobeでその夢は叶うのであります