読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/04/16 ADRIAN SHERWOOD、MarginalMan a.k.a.TUTTLE @ CONPASS


ダブの生きる伝説・エイドリアン・シャーウッド。楽しみすぎるでしょう〜。

MarginalMan a.k.a.TUTTLE

がっつりなEBMかかってて良い感じ。そしてエイドリアンな感じでダブってる。


この日のCONPASSは低音を中心に音の太さがパない!和太鼓のバチでぶっ叩かれてるみたいな音の塊でした。スピーカー前なんてホントにヤバい。耳じゃなくて心臓にくるレベル!


エイドリアン・シャーウッドは2set。

set 1

レゲェ/ニューウェイブ・パンクをダブ処理したセットでした。とにかく音像が死ぬほど気持ちええっ!どっぷりディープに踊れて早くも汗かいた〜。


もう結構な活動歴だし小難しいとも言える方法論の音楽だけども、本人はとてもフランクで若手のように活き活きとライブしてたのが印象に残ってます

set 2

2nd set楽しすぎた!ジャンルとか関係無しにひたすらキモチイイダブ処理。ラストにジャングルで思いっきり踊らせて終わるっていう!最高やったー。


途中にダブステップにグッと接近する場面があったけどエイドリアン・シャーウッドの手によればダブステップが”ダブ”の系譜として捉えることが可能なのがよくわかりました


終盤は低音がどう、とかダブ処理がどう、とか関係無しにとにかく気持ちよくて脳みそがトロけました。


アンコールの拍手中に「エイドリアーン!」って叫ぶのがロッキーを思わせて吹き出しそうになりました。トーン的に何人かわざとやろw