2018/01/25 想い出波止場 @ 難波ベアーズ

2018/01/25 想い出波止場 @ 難波ベアーズ

自分がベアーズに行きはじめて関西アンダーグラウンドに触れ始めたのが2011年。
想い出波止場が最後にライブをしたのが2009年。みなさんの書かれたライブレポを読んでると「想い出波止場はもうめったにやらない」と宣言されてたそうなので見る機会はないかもなぁ、と思ってました。
すると突然ベアーズのホームページに想い出波止場の文字が!
まさか見れるなんて!大興奮のまま即時に予約して、ワクワクしながら当日を迎えました。


当日は全国から想い出波止場を見ようと人が集まっていたらしく、ベアーズでは珍しい長い待ち列が。LAVI側の高架下に列が形成されてました。最終的に130人入ったとか。



で初・想い出波止場
上手側の4列目ぐらい一応ステージ全体が見える位置を確保できた。


第一の感想は「想像してたより真っ当なバンドや!」
もっと水道メガネ的なわけわからんことになると思ってました。
そして「オルタナ/アヴァンギャルドとしてめっちゃカッコええな!!」と。「あの曲のあのフレーズが!うおっ、カッコええ!」とテンション上がりまくりでした〜


山本精一津山篤のコアメンバー+砂十島NANIの3ピースバンドって感じでした。他にはゲストボーカルが×2。
余計な装飾がなくシンプルな分ロック/パンクな感じでした。このミニマルな編成で出来るのであればライブ頻度増やせそうだけど……どうなんでしょ?


山本さんはギター&ボーカル、津山さんはベース&コーラス、NANIさんはドラムの基本楽器からそれほど変えなかった印象。そんなとこもミニマル感あった。
他には山本さんがサンプラー?やキーボード、津山さんが縦笛や木の枝を使う場面も。(終演後は木の枝が散乱してたw) そういった小物よりも、メインの演奏をしっかりやる。ってのが今回のライブだった気がします。
どっかの層の音が抜け落ちてる感じがボアダムス的なジャンクさにも感じて、それが逆にカッコよかったりも。


最初はクリスデイヴ(いや、ディアンジェロか?)的なつんのめるビート。もう何年も前にやってたんやな、この人達が。トリッキーなリズムはライブが進むに連れどんどんストレートにパンクに。


音源で聴いてたフレーズが再現される嬉しさ!ってか編集じゃなくて人力でやってたんや!
デイビット・ホプキンズを呼び込んでのブラックハワイのtr3~5の再現はヤバかった!音源のまんま再現されてる!「Peace Ball」の暴走→停止の連続もエゲツない。津山さんの手が速すぎて見えなくなってた;


「Out Rockers on Your Angel Hair」はスゴすぎた! 山本さんが腕を振るとコードが変わる。なんでこの人達合わせれるの? 最近じゃZAZENとかが近いことやってて「よう練習してんなぁ」「集中力すごいな」と感心するけど波止場はタイミングがめちゃくちゃで「は?」ってなる。脳の処理が追いつかない;
腕を振る(ってか空を殴ってる)山本さんがロックでカッコいいんだ。



「台湾ディストーション」メインの声は津山さん一人でやってるのね; 絡んでくるNANIさんの「ワンツーワンツー!」の声がカッコよくて~。若さと勢いある声!
「SHELTER BEERHALL」のドコドコドコ!とかおぉ、まんまや!と感動。


山本さんはサングラスモードに帽子無しモード。基本的に機嫌がよさそうだった。 シャウトは少なめ。 ギターの音がジャギジャギ鋭いうえに重くて。最近の他のユニットじゃ聴けないオルタナな音。ノイズでもない。めっっっっさカッコよかった!
津山さんのベースはメロディアスで渋い……。蛇のように動き回っておりました。シリアスな顔で弾いてて……波止場のイメージからするとなんか意外w
NANIさんは勢いあるビートから細かいフィルインまでなんでも来いでもうパーファクトよなぁ。


ゲストボーカルはデイビット・ホプキンズとケン・スギサキさん。 ケン・スギサキさんはベアーズの客席で酔っ払ってるのはちょくちょく見るけど……ステージだと存在感すげぇ! 居酒屋に居そうなおじさんが奇妙なポーズと興奮を誘うシャウトで歌いまくるカオス


お客さんは満員状態だったみたい。基本的におとなしく見てた人が多かったかな? 自分がいた上手側はえらく踊り狂ってたけど;自分もノッてたけど; 隣のおねえさんがガンガンと身体ぶつけるように踊ってきて勢いすごい; けどリズム/グルーヴに乗ってると当たっても嫌な感じはしないな


アンコールはデイビット・ホプキンズが洗面器に顔をツッコんで喋る「水中JOE」。マイクを向ける津山さん山本さんのお二人。アホやw


オーラスは山本さんの「スリー!」「じゅうなな!」「さんじゅうに!」ってなカウントに合わせて3人でその回数分だけ音を出すパフォ。 「74!」で揃わずにグダったのに「99!」は3人がピタッと止まったのはたまらんかった~。多分数えずに感覚で合わせにいってる。それが合うのがすごい。


そのあと津山さん山本さんが即興な歌をフザケて歌ったり、完全に壊れはじめた山本さんの寸劇がはじまったり。
山本さんは「もっとやりたいよう~」と普段のアンコールと真逆の言動を。「バンジョーがほしいよー」と謎なことも言っておりましたが;
山本さんの「このままじゃ水道メガネと同じになってしまう」の一言で帰っていきました。面白かった~!
ちなみにその前のラストの話題は「O友がNHKで曲やるらしいやないか」「ああ、あれな」「いいなぁ」という会話でした;



想い出波止場は変なことをするのが目的でなく、確かな演奏力と楽曲の下地があるバンドでした。
変な部分は関西人の性として出てしまってる感が強い。あくまでもめっちゃカッコええバンドだった!見れてよかった! 次は大人数編成も見てみたいなぁ。ホントまたやってください!

f:id:soundwing:20180125195659j:plain